30代後半の女性の転職が難しい理由!理想的な転職をするには?

投稿日:

30代後半の女性の転職

同じ30代後半でも、男性と女性とでは転職の難しさが違います。

基本的に30代後半の女性は転職で不利な立場に立たされやすく、スムーズに転職先が見つからないケースもあると心得ておかないといけません。

このページでは、30代後半の女性の転職が難しい理由と、理想的な転職をするために押さえておきたいポイントについて詳しく説明しています。

30代後半の女性の転職理由とは?

30代の女性は結婚や出産など、ライフイベントや取り巻く環境の変化が増えてくる年代です。

「仕事もしたいけどプライベートも充実させたい」という30代後半の女性は多く、転職を考えている方も少なくありません。

以下では、女性のための求人・転職サイトの「とらばーゆ」が実施した、30代女性の転職理由に関するアンケートの結果についてまとめてみました。

1位 スキルアップしたい(35.6%)
2位 給与や昇給などの待遇に不満がある(34.5%)
3位 経験の幅を広げたい(33.3%)
4位 休日数や残業に不満がある(24.1%)
5位 仕事にやりがいを感じない(18.0%)
6位 会社や業界の将来に不安がある(15.7%)
7位 他にやりたい職種がある(14.6%)
8位 職場の人間関係に不満がある(11.9%)
9位 仕事内容が自分に合わないと感じた(10.3%)
10位 自分の能力を発揮できない(10.0%)

参考:https://toranet.jp/contents/how/reason/3396/

ポジティブな理由からネガティブな理由まで、30代女性の転職理由は様々ですね。

今後の人生で何を重要視するのかによって、キャリアアップしたい人と家庭を優先する人に分かれる傾向があります。

30代後半の女性の転職が難しい理由はこれだ!

現在は人材不足が叫ばれている時代ですので、年齢や性別に関係なく転職は可能です。

30代でも40代でも今までにキャリアを積んでいれば、理想の転職を叶えられるでしょう。

しかし、30代後半の女性は若い世代の男女と比較してみると、転職活動がスムーズにいかないことがあります。

なぜ30代後半の女性の転職が難しいのか、考えられる理由を幾つか挙げてみました。

  • 未経験の業種や職種に転職する場合は、一から教育しないといけないという観点で20代よりもハードルが高くなる
  • 30代後半で未婚の女性は、結婚・出産・育児に対して不安を持つ企業が多い(直ぐに勤務形態の変更や退職を希望する可能性があると考える)
  • 女性活推進法で女性が働きやすい職場が増えてきた現代でも、女性の働きをサポートする体制が整っていない会社は多い
  • 仕事とプライベートの両立で、「勤務地」「勤務時間」「残業時間」「有給取得率」など職場に求める条件が増えやすい
  • 面接官に産前産後のサポート体制やママ社員向けの時短勤務を求めると、印象が悪くなりやすい(採用面接で落ちやすい)

転職して今までと同じように仕事をバリバリとこなしながらも、プライベートを充実させたいという気持ちは十分に分かります。

しかし、30代後半の女性は結婚や出産など大きなライフイベントが待っていますので、きちんとしたビジョンで転職しないと失敗しやすいのです。

20代と比べて、採用してくれる企業や会社も少なくなる点にも注意しましょう。

30代後半の女性が理想的な転職をするにはどうすれば良い?

30代後半の女性の場合は企業が採用に躊躇するケースが多いため、「転職が難しい」と言われています。

採用して直ぐに結婚で退職を選んだり、産休の取得で長いブランクが空いてしまったりと、予期せぬ人材不足に陥るのは避けたいと企業が考えるのは普通です。

とはいえ、「30代後半の女性は絶対に転職できない」と言い切れるわけではありません。

以下では30代後半の女性が理想的な転職をするにはどうすればいいのか説明していますので、実際に転職活動を始める前に目を通しておいてください。

転職後にどうなりたいのか大まかにイメージする

30代後半の女性に限った話ではないものの、転職で失敗する人の多くは次のように何となく取り組んでいます。

  • 特に理由はないけど今の職場が気に入らない
  • 業種や職種は何でも良いけど給料は上げたい
  • 何となく今の仕事は自分に向いていない気がする

「何となく転職する」⇒「新しい職場が自分に合わない」⇒「前の会社の方が良かった」と後悔するケースは少なくありません。

30代後半の女性を採用してくれる企業は20代と比べて大幅に減りますので、転職後にどうなりたいのか大まかにイメージしておきましょう。

譲れない条件を絞る

転職先にあれもこれも求めるのは現実的に不可能です。

自分の希望を全て叶えてくれる会社は存在しないと考えた方が良いので、次のように転職において譲れない条件を絞りましょう。

  • やりがいのある仕事が良い
  • 残業時間が少なくてプライベートの時間を確保できる
  • 結婚や育児に理解のある会社が良い

自分が本当に譲れない条件を把握し、今の会社にはない企業に転職するのが成功の秘訣です。

資格や経験を活かせる求人を選ぶ

30代後半から転職したい女性は、今までの経験や資格を活かせる求人を選ぶ必要があります。

資格や通信で勉強すれば絶対に転職が上手くいくわけではありませんが、未経験の業界に飛び込むよりも成功率が上がるのは紛れもない事実です。

そこで、以下では30代後半の女性が転職を有利に進める上で持っておいた方が良い資格を幾つか挙げてみました。

事務職 WordやExcelに関する知識のマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(MOS)
営業職 商品を売り込むスキルをアピールできる営業士検定やセールスアップ資格
接客業 お客様のクレーム対応へのスキルをアピールできる接客サービスマナー検定やサービス接遇検定の資格

何が何でも資格を取得するのではなく、自分が目指す業種や職種に合わせて決めるのがポイントですね。

転職エージェントを利用する

30代後半の女性の転職を成功させるには、転職エージェントへの相談をおすすめします。

30代後半の女性が他の年代と比べて転職が難しいのは、次の2つが大きな理由です。

  • 結婚や育児など企業側は急な人員不足を懸念している(採用を戸惑ってしまう)
  • 求職者が転職先に対して求めるものや条件が多くなる

この2つは転職先企業の情報をしっかりと収集したり求人の選び方を押さえたりすれば解決できますので、転職のプロに内定の獲得から退職までサポートしてもらえる転職エージェントが向いているのは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

サービスによって違いはありますが、転職エージェントでは次のサポートやアドバイスを受けることができます。

  • 自分の希望条件や希望職種に合わせた求人の紹介
  • 履歴書や職務経歴書の書き方に関するアドバイスや添削
  • 応募先の企業に合わせた内定を獲得するための面接対策
  • 面接日や退職日などのスケジュールの調整

転職に関する悩みを一人で抱え込むのではなく、気軽に相談できるのも転職エージェントの魅力です。

以下のページでは30代後半の女性でも登録できる転職エージェントを紹介していますので、まずは気に入ったサービスの無料カウンセリングや無料相談を受けてみてください。

まとめ

30代後半の女性は結婚や出産などライフスタイルが大きく変わるケースが多く、転職する上での弊害になります。

20代の男女と比較して求人の数も減りますので、転職が難しいという点はしっかりと押さえておかないといけません。

しかし、転職後のビジョンを描いたり転職エージェントに相談したりすれば30代後半の女性でも転職は成功しますので、「自分の年齢では無理かも・・・」と諦めないでください。

- 転職の実情

Copyright© 30代後半の転職活動ブログ│うまくいく人には理由がある , 2019 All Rights Reserved.