30代後半の転職で成功する人の特徴!成功するためにやるべきことは?

更新日:

30代後半の転職で成功する人の特徴

「自分は年齢を重ねているから転職は難しい」と諦めている人はいますが、30代後半からでも転職は十分に可能です。

実際に30代後半から転職を成功させて、自分の希望を叶えている方はたくさんいますよ。

そこで、30代後半からの転職を成功するために何をやれば良いのか見ていきましょう。

30代後半からの転職で成功する人の特徴はこれだ!

転職と年齢は切っても切れない関係で、20代と比べると30代後半は不利になりやすいのが現状です。

それは年齢制限で応募できる求人に制限があったり、転職回数が増えたりと様々な理由がありますね。

しかし、30代後半からの転職で成功を収めている人は決して少なくありません。

どのような人が30代後半から転職を成功しているのか、主な特徴について幾つか挙げてみました。

  • キャリアの棚卸しをして、今の自分の市場価値を踏まえている
  • 今までの経験やスキルをアピールし、これまで培ってきた専門性を活かせる求人に応募している
  • マネージャー経験やリーダー経験をお持ちで、更に企業が求めている人材とマッチングして即戦力になれる
  • 幅広い視野を持って、自分に合う企業や会社を探す努力をしている
  • 採用面接でスキルだけではなく、仕事に対するやる気や熱意を面接官にアピールしている

20代の頃とは違い、応募先の企業や会社の選択肢が狭くなるのは仕方がありません。

「30歳未満まで」「35歳未満まで」と求人に年齢制限を設定している会社が多いので、30代後半の人はどうしても応募できる求人が限られます。

それでも、自分の市場価値を踏まえたり企業が求める人材になる努力をしたりしていれば、30代後半からでも転職は成功するのです。

30代後半からの転職で成功するためにやるべきことは?

転職のコツさえ把握していれば、20代でも30代でも成功できます。

自分の希望の会社や企業に入社して、充実した毎日を送ることができるでしょう。

そこで、以下では30代後半からの転職を成功するためにやるべきことを紹介していますので、是非一度参考にしてみてください。

なぜ転職したいのか理由を見つめ直してみる

30代後半に限った話ではありませんが、なぜ転職したいのか理由を見つめ直してみるのは大事ですよ。

自分が転職したい理由によって、応募する求人は大きく変わります。

他の人がどのような理由で転職したいと考えているのか、DODA(デューダ)の調べによるランキングをまとめてみました。

他にやりたい仕事がある 14.9%
会社の将来性が不安 10.7%
給与に不満がある 10.5%
残業が多い/休日が少ない 8.2%
専門知識や技術を習得したい 5.1%
幅広い経験や知識を積みたい 3.8%
UターンやIターンをしたい 3.8%
土日祝日に休みたい 3.3%
市場価値を上げたい 3.3%
会社の評価方法に不満がある 3.2%

参考:https://doda.jp/guide/reason/

他にやりたい仕事があるなどのポジティブな転職理由から、会社の将来性に不安が残るなどネガティブな転職理由まで様々です。

この理由が曖昧なまま活動しても最終的な目標地点が見えにくくなりますので、今一度自分を見つめ直してみましょう。

年齢相応のスキルをアピールする

リクナビNEXTで実施したアンケートによると、次のように30代後半の転職で不利だと感じている人がたくさんいることが分かりました。

不利だと感じている 81.3%
不利だとは感じていない 17.9%
有利だと思う 0.8%

参考:https://next.rikunabi.com/01/30s/30s_02.html

実際に転職活動をしてみた30代後半の人は、「即戦力として求められているから冒険できる余裕はなかった」「自信を持ってアピールできる経験がなかった」「職場の平均年齢が若いと難しい」といったコメントを残しています。

つまり、30代後半の人が転職を成功させるには、年齢相応のスキルをアピールすることが重要です。

実際に会ってみたらスキルや経験が不足していた。
社風に合わなかった。

このような理由で、採用面接に落とされるケースは多々あります。

そのため、今までの経験をアピールする際は、「事実」「数字」「論理」の3点を明確に伝えましょう。

「○○○をやってきました」という事実だけでは説得力がありませんので、具体的な数字や論理的思考を踏まえて自分の魅力を採用担当者に伝えるのがコツですね。

キャリアの棚卸しを行う

年齢相応のスキルをアピールするには、キャリアの棚卸しが欠かせません。

30代後半の人がキャリアの棚卸しを行うと、自分の得意なことや拘りたいことが見えてきますので、どのように転職を成功させたいのかきちんと把握できます。

具体的に何をすれば良いのか、株式会社ジェイエイシーリクルートメントで活用されている棚卸しシートの利用が非常に効果的です。

  1. 今までに経験した職種
  2. 今までに経験した職務
  3. それぞれの職務における実績
  4. ①~③に関する自己評価や満足度
  5. ④の具体的な理由
  6. 評価や満足度に合わせた変動の可能性
  7. 今までに経験した業務以外でやってみたいこと
  8. やってみたい仕事における目標や理想像
  9. ⑧の理由
  10. 今の会社で自分の理想を達成できるのかどうか

上記の10個を全て書き込めば、キャリアの棚卸しの90%は終わったも同然です。

希望する転職先に入社するに当たって自分の足りない部分が見えてきた人は、スキルを高めるために何をすれば良いのかじっくりと考えてみましょう。

マネジメント能力を身に付ける

20代の転職ではポテンシャル採用があるのに対して、30代後半ともなると今までの経験が物を言います。

定年退職までの期間が短いため、この点に関しては仕方がありません。

そこで、30代後半の人はリーダーシップやマネージャーとしての経験など、マネジメント能力を身に付けましょう。

周囲の人を引っ張っていける管理職経験者の人材は、30代後半でも転職市場で重宝されやすいのが特徴です。

30代後半からでも利用できる転職エージェントに登録する

30代後半の年齢でも利用できる転職エージェントに登録するのは、転職を成功させる効果的な方法です。

現在では一人で転職活動を進めるのではなく、転職エージェントに相談してプロのサポートやアドバイスを受ける方が増えました。

なぜ30代後半の転職で転職エージェントを利用した方が良いのか、詳しい理由について見ていきましょう。

  • 自分のキャリアの相談ができる(上記で説明したキャリアの棚卸しを一緒にしてくれる)
  • 日本最大級のサービスだと10万件を超える非公開求人の中から経験を活かせる求人を紹介してくれる
  • 年収交渉に優れたサービスが多く、今よりも年収をアップしながらより良い職場で働ける可能性が高くなる
  • 職務経歴書の添削や面接対策など、内定獲得率を高めるサポートをしてくれる
  • 転職の相談が気軽にできる人がいるのは心の支えになる

近年の人手不足によって、現在では30代後半でも転職のチャンスは十分にあります。

その転職の成功率を高めてくれるのが転職エージェントで、求職者は完全無料で利用できるのです。

「どの転職エージェントに登録すれば希望の転職を叶えることができるの?」と疑問を抱いている方のために、以下では30代後半におすすめのサービスを3つ紹介していますので、好きなところに相談してみてください。

まとめ

「給与や待遇で何かしらの条件が付く」「年齢で跳ねられる可能性が高い」「未経験では厳しい」など、30代後半の転職活動は20代とは状況が変わります。

しかし、30代後半でも転職を成功させるのは十分に可能で、今までのスキルや経験で脂が乗ってくる時期だからです。

年齢相応のスキルをアピールしたり転職エージェントを利用したりすれば転職の成功率はアップしますので、「自分には無理だ」と諦めないでください。

- 転職の実情

Copyright© 30代後半の転職活動ブログ│うまくいく人には理由がある , 2019 All Rights Reserved.