30代後半の平均年収はどのくらい?転職で年収を上げるために押さえておくべきポイント

投稿日:

30代後半の平均年収を考察

転職する理由は人によって異なりますが、
「年収を上げたい」という30代後半の方は多いのではないでしょうか。

結婚して家族を持ったり子供ができたりする年代ですので、やりがいのある仕事でも年収がダウンするのは嫌ですよね。

そこで、以下では30代後半の人が転職で年収を上げるために、何をすれば良いのか詳しく説明していきます。

30代後半の平均年収はどのくらいなの?

30代後半で転職を考えるに当たり、「今よりも給与を上げたい」「年収をアップしたい」という理由の人はたくさんいます。

結婚や子育てで何かとお金がかかりますので、年収のアップは代表的な転職理由ですね。

まずは30代後半の平均年収がどのくらいなのか、マイナビエージェントで実施した調査の内容を見ていきましょう。

年齢 平均年収 男性の平均年収 女性の平均年収
35歳 450万円 475万円 340万円
36歳 472万円 481万円 426万円
37歳 489万円 501万円 427万円
38歳 516万円 524万円 461万円
39歳 531万円 542万円 472万円

参考:マイナビAGENT 30代後半(35歳~39歳)平均年収

近年では女性が仕事でキャリアを積むのが普通になりましたので、30代後半の女性の平均年収も上がっています。

男性もバリバリと仕事をしてスキルや経験を身に付けられる年代ですので、年齢が上がるにつれて平均年収も上がっていくのが特徴です。

30代後半の転職で年収を上げるために押さえておくべきポイントはこれだ!

20代の頃は、やりたいことや労働環境で転職する傾向があります。

しかし、30代後半から転職するのであれば、将来を踏まえて年収のアップという命題を掲げて転職活動に取り組まないといけません。

30代後半からの転職に対して、次のようにイメージしている人はいます。

  • 30代を過ぎてからの中途採用は収入が下がるのでは?
  • 今よりも年収を大きくアップさせるのは難しいのでは?

確かに、管理職を経験したりマネジメントスキルがあったりといった人材でないと、30代後半からの転職で年収を大きくアップすることはできません。

それでも、転職活動のやり方さえ間違っていなければ、専門性の高い技術職や専門職に転職して年収を上げることは可能ですよ。

ここでは30代後半の転職で年収を上げるために押さえておくべきポイントを紹介していますので、転職活動をスタートする前に一度チェックしておきましょう。

未経験への転職は年収が下がりやすい

30代後半の転職で年収が上がるのか下がるのかは、「今の年収額」「転職先の職種」「転職後の雇用形態」など幾つかの要素があります。

一概に決め付けることはできませんが、未経験への転職は年収が下がりやすいと覚悟しておかないといけません。

なぜ30代後半からの転職で、未経験の業種や職種だと年収がダウンしやすいのか理由をまとめてみました。

  • 前職での仕事の経験や知識が通用しない
  • 専門的なスキルや取得した資格を活かすことができない
  • 仕事の手法や業務知識が大きく変化する

職種や業種が変わっても、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルなど別の仕事に活かせる能力はあります。

しかし、完全に未経験の分野では一からキャリアを積み上げていく必要がありますので、年収のアップが目的で30代後半から転職活動を始めるのであれば、今までの経験やスキルを活かせるのかどうかで求人を選ぶべきですね。

日経キャリアNETの調査では、30代で転職した人の50%以上が年収が増えたというデータが出ています。

未経験への転職で年収が大きくアップするのは稀ですので、同業種や同職種で転職するのがコツです。

もちろん、専門性の高い技術職や専門職は転職後にスキルを獲得すれば年収を上げることができますが、30代後半のあなたは一から勉強するだけの時間があまり残されていないと心得ておいてください。

年収が高い職種や業種に転職する

30代後半から転職して年収をアップさせたい方は、「大手企業かベンチャー企業か?」という選択ではなく、年収が高い職種や業種を狙いましょう。

以下では、DODA(デューダ)が実施した調査で、30代で平均年収が高い職種と業種のデータをまとめてみました。

  30代で平均年収が高い職種

1位 投資銀行業務 1,155万円
2位 戦略・経営コンサルタント 854万円
3位 ファンドマネジャー/ディーラー/アナリスト 834万円
4位 営業‐証券 719万円
5位 営業‐医薬品メーカー 699万円

  30代で平均年収が高い業種

1位 証券会社 720万円
2位 投信/投資顧問 678万円
3位 信託銀行 661万円
4位 たばこ 619万円
5位 財務/会計アドバイザリー 614万円

参考:DODA 平均年収ランキング

今まで携わってきた業界で転職先の選択肢は限られますが、どの職種や業種の平均年収が高いのか把握しておくのは大事です。

応募先に年収交渉をする

求人票に記載されている年収額をそのまま受け入れるのではなく、応募先に年収交渉をするのは30代後半の転職で年収をアップさせるために欠かせません。

「年収交渉をしても無駄なのでは?」とイメージしている方はいますが、次のようにアピールすれば成功する確率は高くなります。

  • 応募先の企業情報をしっかりと収集する
  • 自分の市場価値を客観的に分析して把握する
  • 今までの仕事の実績や業務経験をアピールする

応募先の企業が求めている人物像を把握し、その根拠になる自分の能力やスキル、実績をアピールできれば希望の年収額を貰いやすくなるのです。

ただし、年収交渉を切り出すタイミングによっては企業や面接官の印象が悪くなりやすいので、がむしゃらに交渉すれば良いわけではないと押さえておきましょう。

転職エージェントに相談する

30代後半からの転職で年収アップを目指すに当たり、転職エージェントへの相談は欠かせません。

転職エージェントは自分の希望に合う求人を紹介したり面接対策を実施したりするだけではなく、求職者の代わりに年収交渉をしてくれます。

上記では年収交渉で年収をアップできると説明しましたが、次の不安を抱えている求職者は少なくありません。

  • どの程度具体的に伝えて良いのか分からない
  • 企業の印象を損なうのではないかと心配
  • 年収交渉を切り出すタイミングが分からない

転職エージェントに相談すれば、担当のアドバイザーやコンサルタントがあなたの代わりに応募先の企業と年収交渉をしてくれます。

求職者の魅力や強みを積極的にアピールしてくれますので、一人で転職活動に取り組むよりも圧倒的に年収アップできる確率は高くなるでしょう。

求人の選定から前職の退職まで転職の全てをサポートしてくれるため、転職エージェントを利用する方は増えました。

  • リクルートエージェント
  • type転職エージェント
  • DODA(デューダ)エージェント

この3つは30代後半の方にピッタリですので、以下のページで大まかな特徴や評判を確認しておいてください。

まとめ

「30代後半から転職活動をしても年収を上げることはできない」と諦める必要は全くありません。

20代の若者と比べてみると30代後半の人は転職活動で少なからず弊害があるものの、「今までの経験や能力を活かせる業種や職種を選ぶ」「応募先に年収交渉をする」「転職エージェントに相談する」など、転職のやり方さえ間違っていなければ年収のアップは可能ですよ。

転職エージェントの利用は特におすすめの方法ですので、まずは気に入ったサービスの無料カウンセリングを受けてみましょう。

- 転職の実情

Copyright© 30代後半の転職活動ブログ│うまくいく人には理由がある , 2019 All Rights Reserved.