30代後半の男性が転職する上で押さえておきたいポイント

更新日:

30代後半男性の転職

30代後半の男性で、「今の職場に不満を抱えている」「新しい職場で働きたい」と考えている方はいませんか?

そのような男性のために、ここでは30代後半で転職する上で押さえておきたいポイントを説明しています。

幾つかの弊害があっても、30代後半から転職活動を始めて成功を収めることはできますので安心してください。

30代後半の男性は転職が難しいの?

30代後半からの転職に対して、次のイメージを持っている男性はいませんか?

  • 若者と比べてみると不利な状況に立たされやすい
  • 年齢がネックになって転職できない
  • アピールできるスキルがないと厳しい

確かに、20代と比較してみると、30代後半の男性は転職が難しいのは紛れもない事実ですね。

30代半ばから40代前半にかけて、転職が難しくなる理由を幾つか挙げてみました。

  • 募集条件で「35歳まで」と設定している企業が多く、応募できる求人数が急激に減りやすい
  • 年齢制限を書いていない求人でも、年齢が原因で書類選考に落ちやすい
  • 今までの経験やスキルなど、即戦力を求められる傾向がある
  • 年上の教育には気を遣いやすい(年配者の転職の足かせになる)
  • これ以上転職回数が増えると、正規雇用が厳しくなる

若い頃は将来性がありますので、ポテンシャル採用で転職できます。

しかし、30代後半は即戦力が求められるため、自慢できる経験やスキルを持っていない男性は苦戦しやすいのです。

30代後半の男性が転職する上で押さえておきたいポイントはこれだ!

30代後半の男性が転職するに当たり、「絶対に不可能」というわけではありません。

転職する上でのコツさえしっかりと把握していれば、希望する会社や企業に入社できますよ。

30代後半から40代にかけて転職を成功させた男性はたくさんいますので、転職活動を始めるに当たって何を押さえておけば良いのか見ていきましょう。

自分の強みや市場価値を把握する

30代後半の男性が転職を成功させるには、自分の強みや市場価値を把握することが大事です。

「この人材は欲しい」「この人は即戦力になる」と応募先に思わせることができれば、内定を勝ち取ることができます。

自分の強みや市場価値を把握すれば、採用面接でどのようにアピールすれば良いのか何となく見えてくるのではないでしょうか。

転職活動におけるキャリアの強みは、大きく分けると次の3つです。

ヒューマンスキル コミュニケーションやストレス耐性など対人関係の能力
テクニカルスキル 職種や仕事内容のスキルや経験値
コンセプチュアルスキル 仕事の進め方や問題発生時の解決法の考え方

30代後半の男性の転職では、特にテクニカルスキルやコンセプチュアルスキルが重要視されます。

テクニカルスキルが高ければ高いほど即戦力になれますし、仕事を効率良く進めるに当たってコンセプチュアルスキルは欠かせません。

応募先にアピールできるスキルが何なのか確かめるために、30代後半からの転職では最初にキャリアの棚卸しを行いましょう。

応募数を増やす

マイナビ転職で会員の平均応募社数を調べてみたところ、次のように年齢を重ねるほど増えることが分かりました。

~19歳 4.1社
20~25歳 6.3社
26~30歳 7.1社
31~35歳 8.2社
36~40歳 8.7社
41~45歳 10.1社
46~50歳 12.1社
51~55歳 14.5社
56~60歳 14.5社
61歳以上 15.2社

参考:マイナビ転職会員の平均応募社数

20代の頃と比べると30代後半の男性は書類選考を通過する確率が下がりますので、転職先の応募数を増やすのがポイントです。

自分が入社したくない会社まで応募して無理に増やせば良いわけではないものの、1社や2社に限定していると採用面接までたどり着けないケースもあると心得ておかないといけません。

20社30社と数をこなしていく中で、本当に今の自分とマッチする企業が見つかる可能性は高いですね。

転職先の応募数を増やすに当たり、転職サイトや求人サイトの利用が適しています。

自分が希望する条件で求人を検索して応募を行い、マイペースで転職活動を続けられるのが魅力的です。

以下のページでは30代後半の男性におすすめの転職サイトを幾つか紹介していますので、転職を成功させたい方は無料登録してみてください。

在職中に転職活動を行う

転職活動は、「在職中に行う」「退職後に行う」と2つに大きく分けられます。

「どちらが良いの?」と迷っている方のために、それぞれのメリットをまとめてみました。

  在職中に転職活動を始めるメリット

  • 一定の収入が保障されているので生活面の不安がない
  • 無職の期間が発生しないので評価が下がりにくい
  • じっくりと腰を据えて転職先を探すことができる
  • 転職先が見つからなくても現職に留まる選択肢が残る
  退職後に転職活動を行うメリット

  • 転職活動に集中できるため、スピード感を持って取り組むことができる
  • 時間がたっぷりと取れるので、転職活動の幅が広がる
  • 直ぐにでも転職先に入社できる(人手不足の企業にとってはありがたい)

どちらにも違ったメリットがありますが、30代後半の男性は在職中の転職活動がおすすめです。

退職してから転職活動をすると、中々決まらなかった時に妥協する可能性があります。

「やっぱり転職しないで前の会社に残った方が良かったかも・・・」といった失敗をする男性は少なくありません。

20代とは違って30代後半の男性はこれ以上転職回数を増やすのは避けるべきですので、在職中に転職活動をして自分が希望する会社や企業に入る努力をするのがポイントです。

転職エージェントに相談する

30代後半の男性は在職中に転職活動を行うべきだと上記では説明しましたが、色々とやらないといけないことがたくさんあります。

毎日の仕事をこなしながら転職の準備を進めるのは意外と大変ですので、転職のプロによるサポートを受けられる転職エージェントを利用しましょう。

以下では、転職エージェントの利用で何をしてくれるのかまとめてみました。

  • 自分の経験や希望を踏まえた求人の紹介
  • キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントによる転職のアドバイス
  • 職務経歴書の添削や企業に合わせた面接の対策
  • 面接日の調整や退職に関するアドバイス

一人で転職活動に取り組むよりも、転職エージェントに相談した方がスムーズに転職を進められますよ。

30代後半の男性にピッタリの転職エージェントもたくさんありますので、以下のページでおすすめのサービスを比較してみてください。

30代後半の転職でも熱意は大事!

20代の若者だけではなく、30代後半の転職でも熱意を伝えるのはとても大事です。

仕事に対する熱意を上手くアピールできていない男性は、転職で失敗しやすい傾向があります。

「30代で新たな世界に飛び込もう」と考えている30代後半の男性は特に、やる気や熱意が転職成功のカギを握っているのです。

論理的に考えればミドルエイジの転職は実務経験で判断されますが、「熱意がある=すぐには辞めない」という証明になりますので、採用面接では自分のやる気を精一杯にアピールしましょう。

まとめ

30代後半の男性の転職が20代に比べて難しいのは事実でも、自分が希望する会社や企業に入ることができている方はたくさんいます。

キャリアの棚卸しで自分の強みや市場価値を把握したり、転職エージェントに相談したりすれば成功率を高めることが可能です。

「自分には無理だ・・・」と諦めていても第一歩を踏み出すことはできませんので、今の職場に不満を抱えている30代後半の男性は転職活動に取り組んでみてください。

- 転職の実情

Copyright© 30代後半の転職活動ブログ│うまくいく人には理由がある , 2019 All Rights Reserved.