30代後半で未経験の仕事への転職が難しい理由と成功させるコツ

投稿日:

30代後半で未経験の仕事への転職

多くのビジネスパーソンにとって30代はキャリアの分岐点で、今までの仕事に留まるのか新しい業種や職種にチャレンジするのか悩んでいる方は少なくありません。

30代後半で未経験の仕事への転職は不可能ではないものの、20代と比べると状況はかなり厳しくなります。

そこで、「どうしても未経験の転職を成功させたい」と考えている30代後半の方のために、押さえておきたいコツを幾つか挙げてみました。

30代後半で未経験の仕事への転職が難しい理由はこれだ!

20代の若者と比べると、30代後半の転職では経験やスキルが求められます。

しかし、次のような理由で未経験の業種や職種にチャレンジしたいと考えている30代後半の方は多いのではないでしょうか。

  • ずっと○○○の業界で働いてみたかった
  • 今の業界では将来的に限界を感じる
  • 40代になると遅いから今しかない

いくつになってもチャレンジ精神を持つのは大事ですが、30代後半で未経験の業界に飛び込むのはハードルが高いと心得ておくべきです。

なぜ30代後半で未経験の仕事への転職が難しいのか、考えられる理由を幾つか挙げてみました。

  • 今までに培ってきた経験やスキルを新しい業界で活かせない可能性が高い
  • 同じ未経験なら将来性が期待できる20代を採用したいと企業は考える
  • 一から人材を育てるには時間がなさすぎる(定年までの期間が短い)
  • 30代後半の中途採用では即戦力となれる人材を企業は求めている

「30代後半の未経験でも採用しています」という求人の場合、非正規雇用のケースもあります。

「絶対に不可能」と言い切ることはできないものの、30代後半の転職では同業種や同職種よりも未経験の業界の方が圧倒的に難しくなるのが現状ですね。

30代後半で未経験の仕事への転職を成功させるコツをまとめてみた

未経験の仕事でも、30代後半から転職活動をして成功できた人はたくさんいます。

20代の頃と比べてハードルが高くなるのは事実でも、「キャリアチェンジできた」「数年後には年収がアップした」という人は少なくありません。

ここでは30代後半で未経験の仕事への転職を成功させるコツをまとめていますので、押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

未経験で転職しやすい業種と転職しづらい業種を把握する

まず最初に、30代後半で未経験の業界にチャレンジする際は、未経験で転職しやすい業種と転職しづらい業種を把握することが大切です。

「30代後半で未経験の分野は流石に無理か・・・」と悲観する必要はありませんが、業種によって転職の難易度は大きく変わりますよ。

例えば、以下の業種は30代後半から飛び込むのは現実的に難しく、「未経験者お断り」と求人票に記載されていることは少なくありません。

  • エンジニアや技術系業種全般
  • クリエイティブ系業種全般
  • マスコミやメーカー
  • 銀行

プログラミングに関する知識を一切持っていない30代後半の人が、「今からプログラマーを目指したいです」と応募しても採用はほぼ不可能です。

夢を持ち続けるのは悪いことではなくても、30代後半の人はいい加減現実を見ないといけません。

一方でエンジニアなどの技術職とは違い、次の業種や職種は未経験でも比較的転職しやすいのが特徴です。

  • 金融や不動産
  • 小売やサービス
  • 物流や倉庫
  • 福祉や介護
  • 営業職全般
  • 一般事務や営業事務

未経験でも転職しやすい業種であれば、30代後半からでもチャレンジしてみる価値は大いにあるのではないでしょうか。

今までの経験やキャリアを活かせる部分を考える

未経験の業界でも、今までの経験やキャリアが全く活かせないわけではありません。

実務経験や専門知識はその分野の仕事をこなすに当たって大きなアドバンテージになりますが、社会人に必要なスキルは他にも次のようにたくさんあります。

  • 上司や同僚と良好な関係を築くコミュニケーションスキル
  • 社会人として最低限必要なビジネスマナー
  • 仕事に対する姿勢や熱意
  • 営業で身に付けた交渉力や営業力
  • 人材育成や後輩指導の経験などのマネジメントスキル

これらのスキルは業界や仕事内容が違ったとしても、役立つシチュエーションは多いのです。

つまり、30代後半から未経験の仕事に転職する場合は、今までのスキルや経験の棚卸しをして新しい分野にどう活かせるのか考えてみましょう。

ここで言うスキルは「開発力」や「営業力」のような強みだけではなく、「社内の人から気軽に声をかけられる」「幅広い知識でディレクションができる」など自分の魅力であれば何でもOKです。

キャリアが不安ならスキルを身に付ける

未経験の分野への転職でキャリアが不安な30代の後半の方は、転職活動を始める前にスキルを身に付ける努力をしましょう。

完全に未経験の業種や職種でも、少なからず業界に関する知識やスキルがあればアピールポイントになりますよ。

あらかじめ資格や知識を身に付けておけば、「自分でも内定を勝ち取れる!」と不安の解消にも繋がるのです。

具体的に転職活動を始める前にどのような取り組みをすれば良いのか目安を挙げてみました。

  • 職業訓練コースや民間のスクールに通って即戦力となれるスキルを習得する
  • 最新の業界情報をキャッチアップする
  • セミナーを受講したり通信講座で勉強したりする

民間スクールに通うのはとても効果的で、IT分野であれば「WebCampPro」や「CodeCampGATE」、営業や販売の分野であれば「TAC(経理事務員)」や「ヒューマンアカデミー」など豊富な選択肢があります。

できる限り早く即戦力になる努力をアピールできるだけではなく、就業してから戦力になるまでの期間が短くなるのも大きなメリットです。

30代後半の人に限った話ではないものの、未経験の仕事に就くには熱意を持って向き合う姿勢が必要だと心得ておいてください。

30代後半で未経験の仕事に転職するには一人での活動をやめよう

30代後半で未経験の仕事に転職するに当たり、一人での活動をやめるのもコツの一つです。

転職活動における失敗は、次の準備不足と情報不足の2つに大きく分けられます。

準備不足 キャリアの棚卸しや面接対策が不足している
情報不足 自分に適した求人の情報が不足している

この2つを解消するために、30代後半の方は転職エージェントを利用してみましょう。

転職を一からサポートしてくれる転職エージェントに相談すれば、カウンセリングでキャリアの棚卸しや自分の強みを把握するサポートをしてくれます。

同時に自分が希望する業種や職種の求人を非公開求人の中から紹介してくれますので、転職サイトや求人サイトを使って一人で転職活動を始めるよりも効果的ですね。

職務経歴書の添削や面接対策もプロによる指導を受けられるため、未経験の業界に飛び込むに当たって欠かせないサービスなのは間違いありません。

「未経験から転職して新たなキャリアを積み上げたい」というあなたを徹底的にサポートしてくれますので、以下のページで30代後半におすすめの転職エージェントサービスをチェックしておいてください。

まとめ

以上のように、30代後半の人が未経験の職種や業種に転職するのは少々ハードルが高くなっています。

同じ未経験の人材を雇うのであれば、30代後半ではなく20代の若者を採用したいと企業が考えるのは当然です。

しかし、未経験からでも転職しやすい業種を把握したりスキルを身に付ける努力をしたりしていれば、30代後半からでも転職は十分に可能ですので、新たな業界にチャレンジしてみてください。

- 転職活動

Copyright© 30代後半の転職活動ブログ│うまくいく人には理由がある , 2019 All Rights Reserved.