30代後半の転職で失敗しやすい人に共通する特徴

更新日:

30代後半の転職で失敗しやすい人

「今よりも年収をアップしたい」「未経験の業界にチャレンジしたい」と転職を考えている30代後半の方は少なくありません。

しかし、20代の頃と同じように考えていると、転職で失敗する大きな原因になります。

ここでは30代後半の転職で失敗しやすい人に共通する特徴を紹介しています。

「希望の会社や企業に入りたい!」と転職を成功させたい方は参考にしてください。

30代後半の人はこれ以上転職回数を増やせない!

20代の若者と比べて、30代後半の人はこれ以上転職回数を増やすことはできません。

若手であればポテンシャル採用が期待できますので、転職回数が増えても入社できる企業の選択肢はたくさんあります。

一方で30代後半の方は、短期間での転職を繰り返すのは避けるべきですよ。

なぜ30代後半で転職を繰り返すのが良くないのか、考えられる理由について見ていきましょう。

  1. 20代の段階でも複数回に渡って転職して会社を変えている
  2. 30代後半になっても転職回数が増えている
  3. 「忍耐力やストレス耐性がないのでは?」と思われる
  4. どんどん転職先の選択肢が少なくなる
  5. 最終的には非正規雇用という道しかなくなる

1つの職場で成果を出し続けている方は重要な仕事を任せられるようになりますので、代えの効かない人材になります。

あちこちの職場を転々としている30代後半の人は転職先の候補がなくなっていくため、「次の転職で決める!」と覚悟を持った方が良いでしょう。

30代後半の転職で失敗しやすい人に共通する特徴はこれだ!

30代後半の人は20代や30代前半の人と比べてみると、転職で若干苦戦します。

今までの経験やスキルがあれば転職は十分に可能ですが、「転職したのは失敗だった・・・」「前の会社の方が良かった・・・」と失敗している人は少なくありません。

上記でも説明したように30代後半の人はもう転職回数を増やせないため、失敗は絶対に防ぐべきですね。

以下では30代後半の転職で失敗しやすい人に共通する特徴を説明していますので、今の自分と照らし合わせてみてください。

転職の理由が曖昧でブレている

転職の理由が曖昧でブレている30代後半の人は、失敗しやすいので注意しないといけません。

キャリアチェンジを図りたかったり年収を上げたかったりと、個人によって転職の理由は違います。

なぜ転職の理由を明確にしてから活動した方が良いのか見ていきましょう。

  • どの業種や職種に進めば良いのか自分の方向性が見えにくくなる
  • 採用面接では明確な転職理由を持っている人材なのかどうかを見られる
  • 運良く内定を貰っても、転職後に理想とのギャップで様々な不満を持ちやすい

企業の面接官は、求職者の転職理由で「会社に利益をもたらす人材なのか?」「将来のキャリアをどう考えているのか?」という部分をチェックします。

30代後半で行き当たりばったりで応募していると、「自分の将来を考えているの?」と面接官に疑問を持たれやすいので気を付けましょう。

自分に何ができるのか仕事の詳細を語ることができない

企業との採用面接では、面接官から次のような質問をされます。

  • どのような目標を持って業務に取り組んでいたのか
  • 携わったプロジェクトはどう進めたのか
  • どんなところで壁にぶつかったのか
  • あなたは何の仕事ができるのか

今までの職歴に関する質問をするのは当然で、自分に何ができるのか仕事の詳細を語ることができない30代後半の人は転職で失敗しやすいのです。

企業が30代後半の人材を中途採用するに当たり、「即戦力になるのか」「マネジメント力はあるのか」といった点を重要視します。

つまり、自分に何ができるのか分からない人に魅力を感じないため、転職活動で自己分析やキャリアの棚卸しは必須だと考えて良いでしょう。

面接官にアピールできるスキルを持っていない

面接官にアピールできるスキルや経験を持っていない30代後半の人は、転職で失敗しやすい代表的な特徴です。

20代と30代後半の人材で、企業が求める内容にどのような違いがあるのかまとめてみました。

  • 20代はやる気や柔軟性、ポテンシャルが求められる
  • 30代は即戦力になれるのかどうかが求められる

将来性を買われて就職や転職ができるのは20代までで、30代後半ではそうはいきません。

そのため、面接官にアピールできるスキルを持っていない人は、今の職場で実務経験を積んだりマネジメントスキルを身に付けたりといった努力が必要ですよ。

自己評価と転職市場での価値を見誤っている

30代後半の転職は将来性や伸びしろではなく、現在の価値を元にして会社に必要な人材なのかどうか判断されます。

つまり、自己評価と転職市場での価値を見誤っている人は、転職で失敗しやすい典型的な特徴です。

自己評価の見誤り方は、次の2つのタイプに大きく分けられます。

  • 大した経験や実績を持っていないのに自信過剰になるタイプ
  • 仕事に役立つスキルを持っているのに妥協して失敗するタイプ

高く見積もりすぎても低く見積もりすぎてもダメですので、自分の市場価値を調べてから転職活動に取り組みましょう。

年収への拘りが強すぎる

転職するに当たり、「今よりも年収をアップしたい」「少しでも多くの給料をもらいたい」と考えるのは不思議ではありません。

前職の給与の少なさに不満を抱き、転職しようと決意した30代後半の人はたくさんいます。

しかし、あまりにも年収への拘りが強すぎると、転職で失敗しやすいので注意が必要です。

求職者が十分なスキルを持っていないのにも関わらず、高い年収を期待されても企業側は困ってしまいます。

確かに年収をアップできるのかどうかは大事ですが、30代後半で転職を考えている方は仕事内容が自分に合っているのかどうかを一番に考えましょう。

努力できることを伝えられない

30代後半の人に限った話ではないものの、努力できることを伝えられないと次の理由で転職活動で失敗します。

  • 仕事に対して熱意がないと面接官に思われやすい
  • 新しい職場や仕事内容に適応できない
  • 上司や顧客から評価されない

30代後半は特に仕事をする上で結果を求めて行動しないといけませんので、今のスキルを更に向上させる努力が必須ですね。

もちろん、「頑張って仕事に打ち込みます」と面接で伝えるだけでは説得力がないため、自分の経験やスキルをどう仕事に活かして会社に貢献できるのか伝えてください。

30代後半の人が転職で失敗しないためにはどうすれば良い?

30代後半の人が転職で失敗しないためには、転職エージェントへの相談をおすすめします。

転職エージェントはプロのアドバイザーやコンサルタントから転職のサポートを受けられるサービスで、転職成功のカギになるキャリアの棚卸しや面接対策を補助してくれるのです。

一人で転職活動に取り組むよりも、転職のプロと二人三脚で頑張った方が成功率が高くなるのは何となくお分かり頂けるのではないでしょうか。

30代後半でもリクルートエージェントやtype転職エージェントなど利用できるサービスはたくさんありますので、以下のページでそれぞれの特徴や評判を確認しておいてください。

まとめ

以上のように、「転職の理由が曖昧」「自分に何ができるのか分からない」「アピールできるスキルを持っていない」「年収への拘りが強すぎる」といった30代後半の人は、転職活動で失敗しやすくなります。

転職を繰り返すのは厳しい年齢ですので、むやみやたらに活動する方法はおすすめできません。

しかし、転職のやり方さえ間違っていなければ30代後半でも自分の希望を叶えることができますので、まずはキャリアの棚卸しをしたり転職理由を見つめ直したりすることから始めてください。

- 転職の実情

Copyright© 30代後半の転職活動ブログ│うまくいく人には理由がある , 2019 All Rights Reserved.