35歳の妻子持ちの男性が転職する上で押さえておきたいポイント

更新日:

妻子持ち35歳の男性

35歳で独身の男性と妻子持ちの男性は、転職に対する考え方を変えないといけません。

自分一人の生活だけではなく、奥さんと子供の将来がかかっていますので当然ですよね。

このページでは、35歳の妻子持ちの男性が転職する上で押さえておきたいポイントを詳しく説明しています。

35歳で妻子持ちの男性は転職できるの?

仕事を辞める決断は人生にとって非常に大事な問題ですので、「本当に転職しても良いのだろうか・・・」と悩む方は多いのではないでしょうか。

独身の男性はもちろんのこと、35歳で妻子持ちの男性は特に慎重に考えないといけない問題です。

そもそも、「35歳で妻子持ちの自分は転職できるの?」と悩んでいる男性は少なくありません。

妻子持ちだからといって転職で不利になるケースは稀で、その理由を幾つか挙げてみました。

  • 結婚していたり子供がいたりといった理由で書類選考や面接で落とされることは絶対にない
  • 相応の経験とスキルが身についていて仕事ができればプライベートは関係ない
  • どの会社でも中途採用の人材には実務経験や即戦力に期待している

一部の企業や会社では、同年代で評価も同程度の男性が2人いた場合、妻子持ちではなく独身の男性を選ぶことがあります。

しかし、あなたが企業にとって魅力的な人材であれば、独身でも妻子持ちでも特に関係はないですよ。

35歳の妻子持ちの男性が転職する上で押さえておきたいポイントはこれだ!

35歳の妻子持ちの男性が転職するに当たり、次のメリットがあります。

  • 収入や年収が増えればゆとりのある生活を送れる
  • 労働環境が変わることで家族との時間を作ることができる
  • 35歳はまだ十分にキャリアチェンジが可能

35歳でも転職で自分が希望する会社や企業に入社できますが、妻子持ちの方は独身の男性とは違って家族のことも考えないといけません。

今後の家族の将来を決める重要な決断になりますので、35歳の妻子持ちの男性が転職する上で押さえておきたいポイントを幾つか見ていきましょう。

今の仕事を辞める理由を明確にして転職する覚悟を持つ

35歳の妻子持ちの男性は、今の仕事を辞める理由を明確にして転職する覚悟を持つのが大事です。

自分が家族を養っていく必要がありますので、「何となく今の仕事が合わない気がする・・・」といった曖昧な理由で転職すべきではありません。

会社を辞めたい理由に関しては、次のように人によって大きな違いがあります。

  • 会社の考え方や風土が合わない
  • 今の会社の将来に不安が残る
  • 職場の人間関係が良くない
  • もっと年収を上げたい(収入を増やしたい)
  • 新しい分野にチャレンジしてみたい
  • もっと待遇の良い会社に移りたい

「会社を辞めて転職して本当に良いのか?」「転職して今よりも状況が良くなるのか?」といった点をしっかりと考えてから、転職活動という行動に移しましょう。

現職を退職してから転職活動を行う場合は収入が途切れるというリスクがありますので、35歳の妻子持ちの男性は今一度自分を見つめ直してみてください。

自分一人で抱え込まずに家族に相談する

30代で転職するに当たり、親や兄弟など親族に相談する男性は少ないのではないでしょうか。

自分の将来は自分で決めないといけませんので、親族に答えを求めるのは間違っています。

しかし、35歳で妻子持ちの男性は、自分一人で抱え込まずに転職について家族に相談すべきですね。

自分のキャリアのことだけを考えて、「今のポジションに甘んじるよりも新しい転職先に移った方がより高い年収を得られるのでは?」と決断する男性はいます。

自分がどうなりたいのかは大事ですが、家族の都合を無視すると最悪の場合は離婚など崩壊するケースもありますので注意しないといけません。

「奥さんに転職を反対された」という30代の男性は多く、考えられる理由は次のように幾つかあります。

  • 今よりも年収が下がって家計が苦しくなる恐れがある
  • 残業が多くなって年間休日が少なくなりそう
  • 今までの会社よりも有給休暇の取得率が下がる
  • 勤務地によっては引っ越しが必要になる

あなただけではなく家族全体の問題ですので、転職先を決める前に自分が転職したいという希望を奥さんに話すことから始めましょう。

良好な家族関係を築いていくためにも、35歳の妻子持ちで転職したい男性は奥さんからの理解を得るべきです。

奥さんが転職を反対している場合は説得する

奥さんが転職を反対している場合は、転職活動を始める前に説得しないといけません。

「収入が上がれば家族も喜ぶだろう」と自分勝手な判断で転職するのはNGです。

そこで、以下では転職について奥さんを説得させるために何をすれば良いのかまとめてみました。

  • 「将来性を考えると給料が下がる」「毎月何十時間も残業が必要」など、今の仕事を続けるリスクを伝える
  • 「年収が上がる」「家族との時間を確保できる」など、転職するメリットを伝える
  • あらかじめお金の工面をする(転職活動が長引いても生活に支障が出ないと伝える)
  • 理論的に話すだけではなく、「仕事が辛くて夜も眠れない」など人間的な感情をベースに話をする

35歳で妻子持ちの転職は家族からの理解が必要不可欠ですので、焦らずにゆっくりと話し合いましょう。

退職する前から転職活動を始める

奥さんの理解を得られた後は転職活動を進める形になりますが、退職する前から始める方法がおすすめです。

現職を退職してから転職活動を始めるのと違い、在職中に転職の準備を行うメリットを幾つか挙げてみました。

  • 何ヵ月も内定を貰えなくても、生活面での不安がなくなる
  • 納得できる転職先が見つからなかった場合は現職に留まることができる
  • 「転職先が中々見つからない・・・」と精神的なストレスや焦りを感じにくい

退職して収入が途絶えた状態で転職活動を行い、何ヵ月も無職の期間が続くと自分も奥さんも当然のように不安になります。

焦って転職先を見つけて前職よりも状況が悪くなっては全く意味がありませんので、35歳の妻子持ちの男性は在職中に転職活動を始めてください。

35歳の妻子持ちの男性は転職の成功率を高めるために転職エージェントを利用しよう

35歳の妻子持ちの男性は、独身の人と比べて転職で失敗できません。

家族の将来が関わっていますので、転職の成功率を高めるために転職エージェントを利用しましょう。

個人の転職活動をサポートしてくれる転職エージェントは、次のようにたくさんのメリットがありますよ。

  • 転職に関する正しい知識を持つキャリアアドバイザーから直接サポートを受けられる
  • カウンセリングによるキャリアの棚卸しやキャリアプランの提案をしてくれる
  • 自分の希望条件に合う求人を豊富な非公開求人の中から紹介してくれる
  • 応募書類の添削や面接対策で内定獲得率を高めることができる

転職活動を始めるに当たり、転職エージェントを利用するデメリットは何もありません。

以下のページでは35歳の妻子持ちの男性でも利用できるおすすめの転職エージェントを紹介していますので、選び方で迷っている方は参考にしてみましょう。

まとめ

35歳の妻子持ちの男性は、自分だけではなく家族のことも同時に考えて転職すべきです。

奥さんから反対されることもありますが、家族で一緒に将来について話し合わないといけません。

「早く転職して職場を変えたい」という気持ちは分かるものの、焦って転職活動をしても良い結果を残すことはできないと心得ておいてください。

- 転職の実情

Copyright© 30代後半の転職活動ブログ│うまくいく人には理由がある , 2019 All Rights Reserved.